【クマを消す方法】カッサと眼輪筋トレーニングでスッキリ!

こんにちは!

 

前回に引き続き、”くま”についてお話ます。

今回はセルフでクマを解消する方法を紹介していきます。

 

f:id:katakoriol:20190616222736j:image

 

 

クマの解消方法

 

 

目の周りを温める

 まずは基本中の基本、”目の周りを温める”ことです。 

血行促進眼精疲労の解消効果があります!私が使っているものは、少し前に話題になっていたあずきのチカラです。

レンジでチンするだけで、あずきが温まり、天然蒸気を出してくれます。使い捨てではないところも魅力の1つで、約250回使用可能です。もちろん、ホットタオルでも対応可能です。

 

温める+マッサージ

今回はカッサを使ったマッサージを紹介します。

 

使っているオイルはこちら。

f:id:katakoriol:20190621080004j:image
marks &web(マークスアンドウェブ)の

「ハーバルオイル ゼラニウム

¥1.274(税込)/50ml/香り:ゼラニウム ホホバ

 

【商品説明】

微かなバラのような香りのゼラニウム精油と、キャリアオイルをバランスよく配合しました。面倒な希釈の手間もいらず、肌に直接つけられるオイルです。植物由来のスクワラン、ホホバ油をベースオイルに使用した2種類のオイルは、どちらもさらっとした軽い感触で肌によくなじみ、水分蒸散を防ぎます。素肌のマッサージや保湿はもちろん、半乾きの状態の髪につけてブローすると、パサつかずにしっとりと落ち着きます。

出典: MARKS&WEB

 

顔だけでなく、ヘアオイルとして使えるのも魅力の一つです。説明にもあるように、オイルですがべたつき過ぎず、保湿用としても使える優れものです。

そんな優れたオイルを使って進めていきます。

使用量は500円玉くらいで、手の平で馴染ませつつ、オイルを温めて顔に塗布します。

 

顔に馴染んできたら、軽くマッサージをして下準備をします。リンパに沿って老廃物を流すイメージです。顔が温まったら、カッサの登場。

 

使用しているカッサはこちら。

f:id:katakoriol:20190621122040p:image

中川政七商店の「マッサージウッド(桜)」

¥1.620(税込)/横9㎝×縦6㎝/素材:桜 

各々の使用箇所を正規の使い方と、私オリジナルの使い方の2通りで紹介します。

 

f:id:katakoriol:20190621125755j:image

「正規」

A:あごやフェイスラインのマッサージ、凸部分でツボ押し

B:腕や足のマッサージ

C:首、肩のラインのツボ押し

 

「オリジナル」

A:凸部分で目の下のコリほぐし。凝り固まった所はぼこぼこなっているので、それを潰す感じ

B:頬骨に当てて、斜め上に引き上げる

C:頬の凝っている所(硬くなっている)をマッサージ

 

【商品説明】

高知の桜の木で一つひとつ手作りされたマッサージウッド。

手の中におさまりやすいサイズ感で、木そのものの感触やぬくもりが伝わります。
形は体のラインを考えて3つの曲線を入れ交ぜて。
強めのカーブでツボを刺激したり、顔や腕のラインに沿わせてマッサージしたり、お好みに応じて自由にお使いいただけます。

出典: 中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)公式サイト|通販サイト

 

マッサージ方法

 

さぁ、カッサを始めていきましょう。

Cの部分を使って全体的に軽くほぐしていきます。ある程度顔の筋肉が柔らかくなってきたら、次は部分的にマッサージしていきます。

 

Aを使って、目の下(丁度クマのラインの下のふち)からこめかみに向かって流します。※この時、ぼこぼことした感触があったら、それが老廃物(凝っている)部分です。次にその下の頬のコリを取っていきます。写真のこの箇所です。

f:id:katakoriol:20190623155230p:image

私はここがもの凄い凝っているとエステの人に驚かれました。頰が凝ると、顔が全体的に下に引っ張られます。目袋やほうれい線の原因になる非常に厄介な場所です。

 

こちらはまず、Bの先端を向かって大まかにゴリゴリとしていきます。この時点でぼこぼこがなくなったら凝り解消です。なくならない場合はAを使って凝りを小さくしていきます。ひどい場合は一度や二度ではなくならないので定期的にマッサージしてあげましょう。

私の場合はひどい方なので2日に一度のペースで行っています。良くなるのと同時に新たな凝りも出てきますので本当に地道です。

 

次は、眉に沿ってAまたはBでゴリゴリとしていきましょう。※ゴリゴリと言っても強くしすぎないように注意

軽くぼこぼこを潰す感じです。

 

鼻の下、顎も同様に行ってください。※ここは、凝りというよりも、老廃物が固まって、溜まっています。

 

細かいところは終わりです。では、大きな部位に移っていきます。

 

頰全体をCを使って、こめかみに向かってマッサージします。この時、引っ張るのではなく、皮膚の下の筋肉をほぐすイメージでしてください。全体的に柔らかくなってきたら、Bのなだらかな曲線を使ってほぐれた老廃物をこめかみに流していきます。

 

残すところは、おでこです。Cを使います。こちらも、中心からそれぞれのこめかみに向かって流していきます。おでこも意外と凝ります。入念に行ってくださいね!

 

以上でカッサを使ったマッサージは終わりです。終わった頃には、顔が温まってポカポカしていると思います!血行が促進されて、顔のトーンも上がっているのではないでしょうか?

 

マッサージ後は乳液や保湿クリームでお肌を整えてあげてください^ ^